お世話になった人へ

人は生きていると必ず誰かに迷惑をかけてしまう物です。
特に仕事場では、勝手がわからなかったり、ミスをしてしまったりと上司に迷惑をかけてしまう事も少なくないでしょう。
このようにお世話になった歳上の人は、誰にでも一人や二入はいるでしょう。

そのような方も年月が経てば会社を退職する事になります。お世話になった人ならこの際に退職祝いを個人的に渡して、今までの感謝の気持ちを伝えておくのは、人として礼儀だと言えます。
また退職祝いとして相応しい物を選ぶ事が出来れば、相手をより一層喜ばす事が出来ます。

まず退職祝いを贈る際には、いくつかのマナーを抑えておく必要があります。
そのうちの1つが、目上の人に退職祝いを渡す際には、基本的に現金を贈呈しないと言う点です。
最近ではこの風習も薄れており、金封を退職祝いとして渡す事もないわけではありませんが、人によっては礼儀知らずだと受け取られる事もあるので注意が必要です。
また金封を渡す場合でも、金封だけを渡すのではなく、ギフト品を添えて渡すようにしておきましょう。また金封を用意する場合は、御引退御祝・御祝等の記入を忘れてはいけません。

ギフトを贈る際には、相手が喜ぶ物かどうかを基準に選ぶ事が大切です。特に普段の生活で使用する品をギフトとして贈る事が出来れば、相手に感謝の思いも伝わるはずです。
また趣味を知っている場合は、その趣味で使用する道具等をギフトとして贈れば、相手の為に選んだ事がより伝わりやすいと言えます。

おすすめサイト

カテゴリー
  • カテゴリーなし